ブログ

【小籠包の正しい食べ方】

2017.12.27

こんにちは!四川料理 CHINA5°のPR担当です。

今回は、【小籠包の正しい食べ方】についてお話したいと思います。

もちろんみなさん御存じかと思いますが、小籠包とは豚の挽き肉を小麦粉の薄い皮で包んで蒸籠(セイロ)で蒸した肉包子(肉まん)のことをいいます。

上海には、これまた上海名物の上海蟹のミソ入り小籠包を扱うところも多く、最近では、フォアグラやマツタケなどが入った変わり種の高級小籠包も見かけます。

ちなみに「湯包(タンバオ)」という、小籠包に似たモノ(ほぼ同じ)がありますが、湯包の方が小籠包よりも皮が薄く、スープが多いのが特徴です。

さて皆さんは、この小籠包の正しい食べ方をご存知ですか?
そのまま口に運んだら、中から熱い汁が出てきて火傷した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために今回は、小籠包の正しい食べ方をご紹介したいと思います!

1 まず初めに合わせ酢を付けます。
2 小籠包をレンゲに乗せて皮の部分を少しだけ破ります。
3 中のスープをレンゲの中に出しまずはスープだけお召し上がりください。
4 最後に残りの皮と具を一緒に味わってください。

こちらを実践することによって、より美味しく上品に小籠包を味わうことができますよ☆

当店でも、小籠包をご用意しておりますので、ご紹介した食べ方で是非ご堪能ください。

当店では皆様のお越しを心よりお待ちしております。

アクセス

info

四川料理 CHINA5°
住所
 〒461-0005
 愛知県名古屋市東区東桜1-3-28
電話番号
 050-7300-0924
営業時間
 ランチ 11:00~15:00
 ディナー 17:00~23:00
定休日
 不定休日あり

gnavi
ブログ ご予約 page top